Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/merikaren/www/loan-sincerity/wp/wp-includes/post-template.php on line 284
お知らせ

離婚で住宅ローンはどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気、熟年離婚、離婚の理由は様々なですが、離婚を検討されている方は、離婚後の生活費は?住む場所は?と不安でいっぱいだと思います。特に、住む場所というのは大きな問題です。賃貸の場合は、その家を解約すればいいということになりますが、持ち家で住宅をローンで購入した場合、住宅ローン問題は、離婚を考えている夫婦にとって、離婚を検討し直さざるを得ないような大きな問題です。その不安な気持ちを少しでも解消するために、正しい情報や知識を事前に知っておくこと、離婚前にきちんと夫婦で話し合い、住宅ローン問題を先送りしないことが大切です。

いざ離婚をする、と決断したら、財産分与で問題になってくるのは自宅をどうするか、です。特に、自分が連帯保証人になっていたり、自宅と住宅ローンの名義人になっていたりする場合は注意が必要です。一般的には自宅は売却し、そのお金を財産分与で分けるのがよくあるパターンです。その場合、自宅の売却で得たお金で住宅ローンを完済できれば何の問題もありませんが、売却しても住宅ローンが残ってしまう場合は、事前に債務者の了承、承諾を得て売却をする任意売却の制度を活用することになります。

弊社は、住宅ローンの返済ができなくなった方の相談窓口ですが、そのような方だけでなく、離婚を機にご相談をいただく方も多くいらっしゃいます。それは、収入合算や二本立てローンを組んでいるため、一人の収入だけでは返済が続けられなかったり、売却して住宅ローンを返済しようにも、売却できる価格が住宅ローン残高を上回っているケースが多いためです。それぞれの人生があるように、相談内容も各々千差万別ですので、まずはご相談いただくのが先決です。ご相談者様の個人情報は守秘義務がございますので、安心してご連絡下さい。

コメントを残す

*

CAPTCHA